今人気の業界ってどこなんだろうか?

求人サイトに登録されてからと言うもの、殆どが営業職でばかり検索している。

これまでのキャリアを無駄にしたくは無く、これからも活躍したくて現在と同じ職種にしている。

それに45歳で一から異業種で挑戦ってのも、なんだか家族が居る俺にとっては自身がない。

例えば飲食店で「いらっしゃいませ~」なんて、やった事がないから想像すら付かない。

ただ飲食店と営業職は、目の前でお客を相手にするから、異業種と言えるのか?と疑問でもある。

営業職は思った以上に沢山あり、特に都内在住の俺にとっては、求人数の多さが全国から見ても圧倒的だ!

あまり根つめて新しい職場探しをせず、気長に時間を掛けて楽しみながら転職活動をしようと思っている。

そこで今、求人の中で一番人気の職種はどんなのか?

何故か突然気になって調べてみた。

2013年度の新卒就職先として、人気の業種ランキングを見てみた。

俺的には日本の技術が世界的にも認められ、今後も世界に技術を提供する製造業だと思った。

近年、製造業は売り上げの赤字が続いていたが、アベノミクス効果で経済上昇したとニュースで見た。

国内に止まらず、海外に進出している企業が多く、今後の業績アップも期待できると思った。

しかし実際に人気の企業は、銀行系がトップを占めていた。

それから食品関係の大手企業が、新卒者にとって人気の業種らしい。

確かに日本人って海外製品よりも、日本製品を一番信頼している。

特に口に入るものは日本製じゃないと信用しないというほど、今も色んなニュースが放送されているから。

どこも食品メーカーは競争だと思うが、やっぱり日本人が購入するのは日本のメーカーばかり。

それに新しい商品も毎年何点も発売され、アイディアで溢れる若者達は企業に入社して、自分の考えた物を商品化したいと思っているんだろうな。

あと人気の業種で多かったのが、印刷会社とかも目に止まった。

デジタル本などが主流になってきており、印刷業界もガタ落ちだと思っていたが、それは違ったらしい。

どこの人気の業種も決まって付いてくるのが営業職。

今、俺は電機メーカーの営業課に居るが、もしも転職するとしても、どの業種の営業でも可能だ!

これがこれまで積み重ねてきたキャリアが役立つ時だと感じた。

俺の人生、中途半端な人生じゃなかったんだと実感。

やっぱり転職するのなら営業職だ~!

Copyright (C) 2013 45歳の転職記 All Rights Reserved.