家族のためにも転職はしない方が良いのかな?

家庭の支出状況を妻に聞いてから、これまでよりも真剣に、そして慎重に転職について考えるようになった。

いつもポジティブな考えな俺は、決して全てが良い方向に人生が進んでいなかった。

実は今の職場に入社する前に、若い頃にも転職をしているのだ。

当時は子供達がまだ幼く、妻も若かった。

下の子なんて生まれたばかりだったかな?

妻も働いており、産休を取っていた時だ。

前務めていた職場が嫌になり、出産間もないって言うのに転職活動をした。

それも仕事を辞める先に会社側に話、その後に妻に話したのだ。

寝不足続きの妻は納得が行かなかったが、産休後は自分も働けるからと無理やりOKしたのだ。

スムーズに転職なんて出来ると思っていた俺。

1ヵ月後には退社、1ヶ月の間で新しい職場を探し、翌月にはその会社に出社できる。

考えが甘かったんだろうな・・・。

実際に新しい職場に就けたのは、退職してから3ヵ月後の事だった。

貯金がどんどん減り、まだ社会復帰していなかった妻の、少ない給料で細々生活を送っていた。

すぐに見つかるって・・・、そんな言葉を毎日のように妻に伝えていたっけな。

一度そんな事があり妻も転職にはシビアになっている。

しかも今は受験を控え、これから数年後にはお金のかかる大学に進学する予定だ。

そんな家庭の状況で「転職したい」なんて、自分勝手な意見ってどうなんだろうな。

仕事する意欲がなくなっている俺、逃げ道として転職活動って思っているんじゃないか。

今まで何も文句を言わず、頑張ってきた妻の為にも、転職は止めた方が良いのか悩んでいる。

こんな時はやっぱり友人に相談だ!

転職をすれば収入アップ、新しい新鮮な職場環境、やる気アップなど、好都合の事ばかりが頭に過ぎる。

しかし不都合で言えば、一からのスタート、一からの人間関係、収入アップの希は絶対ではないだ。

ポジティブに考えれば考えるほど、新しい職場への移動は嫌になる。

う~ん・・・、やっぱり一人で悩まずに、こんな時は同じ悩みを抱える友人に相談が一番だな!

Copyright (C) 2013 45歳の転職記 All Rights Reserved.