他の会社で役職に就くことができるのか?

今の自分の会社での立場は、自分でも思っても居なかった課長と言うクラスだ。

新入社員としてこの職場に来た時、当時の課長はとっても心が穏やかな人で、たとえ自分のミスであっても頭ごなしに怒らない人だった。

そんな穏やかな課長に憧れ、自分いつかあんな人のようになりたいとずっと願ってきた。

やっぱり上司が常にピリピリとした空気や威圧感を放っていると、その下で働く人たちは気分が悪い。

他の課の課長が情緒不安定なのか、家庭や職場で少しでも嫌な事があれば、もの凄いピリピリとした雰囲気を放っている人なのだ。

その課で働く部下は、いつも課長の顔色を伺いながら仕事をしている。

俺の先輩に当たる人なのだが、一緒にお酒などを飲んでいれば穏やかな人。

だが日によって態度が違い、同じ課長の立場の俺でも、嫌気がさすほどだ。

友人の転職話を聞いてから、自分もしたいかもと思い始め、あれから色々とネットで探し始めた。

実際にはただ情報を集めるだけで、面接などの行動には出ていない。

ちょっと引っかかるのが、今の課長と言う立場で退職すると、新しい会社では平社員と言う事になる。

実は課長クラスになってから、給料が結構上がった。

それだけ責任があるからとの事もあるのだが、当然ボーナスだって平社員よりも待遇が良い。

今のこの状態を手放して、一から始めるのは自分にとって本当にあるべきことなのか。

まず他の会社に転職した時に、役職に付く事が出来るのかを調べてみた。

俺の年齢は45歳、さすがにこの年齢で役職を得るのはちょっと難しいと見た。

ただあと10年ほど、年齢が若ければきっと役職を手に入れることが出来ただろう。

転職は30代のうちに行うのが一番良いと言うが、最近は40代や50代でも転職を考える人が多い。

やっぱり年齢と共に出来る事なら、「役職」という物を手に入れたいのは誰でも同じだと思う。

ただ、転職をして新しい職場では、その役職を狙ってずっと頑張っている人も居るはずだ。

新しく入ってきたヤツに、その座を奪われるのは残酷な事だろう。

今の役職を新しい職場で生かすことが、全てにおいてダメではないみたいだ。

職種によっても異なるが、あえて上に立つ役職の人材を募集している企業もある。

みんなを引っ張っていく力、これはどこの企業でも求める人材。

役職をそのままの状態で新しい職場で働きたいなら、こう言った上に達人を募集している企業もオススメだと感じた。

Copyright (C) 2013 45歳の転職記 All Rights Reserved.